一般財団法人ICAM日本支部は、フランスの資格制度に準拠した「美容の国際ライセンス」を発給しています

ICAM 認定校専用ページコーポレートメンバー 講師専用ページエデュケーショナルメンバー 個人会員専用ページプロフェッショナル/レギュラー

→個人情報について

TOP ライセンス ニュース&イベント 認定校制度 認定講師制度 メンバーシップ お問い合わせ
認定校紹介 認定講師紹介 再入会希望の方へ
故ICAMフランス本部 名誉会長
Magdeleine Thenault Mondoloni

1960年にマルセイユにエステティックスクールを設立。その後、 SENSE(全国ソワンエステティックスクール連盟)やSNIB(全 国美容学会連盟)、INFA(国際エステティック連盟)などの代表 理事を歴任。また、フランス政府教育省の19部門のプロフェッシ ョナル委員会議長に就任。フランスの美容業界に対する多大な貢 献が認められ、2009年にはフランス国民名誉勲章シャバリエ騎士 章を受勲されています。

2009年にフランス国内の美容関連業5連盟を総括する団体CNEPの名誉会長。2011年にICAMフランス本部会長就任。2013年4月より、ICAMフランス本部名誉会長に就任。

2016年3月、モンドロニ女史が逝去されました。心よりご冥福をお祈りいたします。



icon美容に捧げた生涯pdf (モンドロニ女史功績紹介小冊子)
モンドロニ氏著書
「美しさ求めて」
ICAMフランス本部 会長
Ghyslaine Lebeau
クリニックに勤務しながら看護師免許を取得。結婚後、医療の知識を身近で活かす道として 美容業界を選択。パリのエステティック名門校エリゼ・マルブフ(Ecole International Elysee Marbeuf) で学び、2年間でCAP資格、BP資格を取得。

1973年に自らの名前を冠したエステティックサロン Institute Ghyslaine Lebeau を経営。 パリとパリ郊外の全てのエステティックサロンで最も評判の良いサロンとして表彰される。

1994年には有名コスメティックメーカー「マチス(MATIS)」が経営する研究所を兼ねた エステティックサロン「マチスプレスティージ」の運営を担当。ジャーナリストによるコ ンクールにおいてケア部門の最高賞を受賞。また、1997年にはカンヌ映画祭で女優のオフ ィシャルヘアメイクを担当する「デサンジュ」が経営するサロンの運営を一任されるなど、 高い実務能力が評価されている。

1998年に母校であるエリゼ・マルブフ校の学校長を務める。入学当時に思い描いていた 「教育者としてこの学校に戻ってきたい」という思いを実現。2001年にはマグドレーヌ・ モンドロニ氏が設立した Ecole International de Maquillage Magdeleine Mondoloni の 学校長を務める。

1973年より現在に至るまで、フランスの国家資格であるエステティック試験の試験官を 務める。また、2002年より現在に至るまで、プレタポルテ(Pret-a-Porter)、オートク チュール(Haute-Couture)のファッションウィーク(パリコレクション)でイメージ コンサルタントを務めるなど、教育者としての一面と実務家としての一面をあわせ持つ。

美容業界と教育の両面においてICAMの活動を推進できる人材として、2013年4月より ICAMフランス本部会長に就任。
International Cosmetic & Aesthetic Management
43, rue de Liege 75008 Paris France
TEL: 09 62 58 67 97
http://www.icamparis.fr
Copyright(C)2009-2012 ICAM JAPAN All right reserved